代数幾何学入門| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

代数幾何学入門 基礎から学ぶ射影幾何学

講師名 東京工業大学教授 加藤 文元
講座内容
★2月の日程が変わりました。 2/20 → 2/27 
 
 一年間(全12回)かけて現代的な代数幾何学に入門する講座の前半です。高校数学レベルの入門的基礎から出発して、最終的には本格的なレベルにまで到達するのが目標となります。前半の6回では、具体的なアフィン幾何学や多項式の計算から始めて、徐々に射影幾何学へと進んでいきます。前半の目標は射影空間の幾何学に慣れること、および平面曲線のベズーの定理を証明することです。具体例による直観的理解と、現代的視点や厳密な論証のバランスをとりながら「じっくりしっかり」学んでいきます。後半の6回では、前半6回の内容を踏まえて、より抽象的で現代的な代数幾何学へ進みます。  (講師・記) 2017年10月開講

<スケジュール予定>

第4回 1月23日 射影空間と射影幾何学①
第5回 2月27日 射影空間と射影幾何学②
第6回 3月27日 ベズーの定理
日時・期間 火曜 19:00-20:30 01/23~03/27 3回
日程 2018年 1/23
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,072円
一般 11,016円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 加藤 文元 (カトウ フミハル)
1968年仙台市生まれ。1997年、京都大学大学院理学研究科数学・数理解析専攻博士後期課程修了。九州大学大学院数理学研究科助手、京都大学大学院理学研究科准教授、熊本大学大学院自然科学研究科教授を経て、現在、東京工業大学理学院数学系教授。その間、マックス・プランク研究所(独)研究員、レンヌ大学(仏)やパリ第6大学(仏)客員教授なども歴任。著書に『数学する精神』『物語 数学の歴史』『ガロア』(以上、中公新書)『数学の想像力』(筑摩書房)など、訳書に『ファン・デル・ヴェルデン 古代文明の数学』(共訳、日本評論社)がある。

履歴