藤井聡太四段と将棋界の未来| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】藤井聡太四段と将棋界の未来

講師名 元(公社)日本将棋連盟理事九段 田中 寅彦
講座内容
将棋界に彗星のごとく現れた中学生プロ棋士、藤井聡太四段。デビュー戦以来、歴代単独1位となる29連勝を達成し、その快挙は将棋界の枠を超え、日本中を沸かせました。  
久々の将棋ブームの立役者、藤井四段は過去の棋士と比較してどのくらいすごいのか。その強さの秘密を、わかりやすい語り口で人気の田中九段が解説します。
また、今後の将棋界の動向についても話します。
日時・期間 土曜 15:30-17:00 01/20~01/20 1回
日程 2018年 1/20
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ※教室は変わる場合があります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 受講券をご持参ください。
講師紹介 田中 寅彦 (タナカ トラヒコ)
将棋棋士、九段。1957年生まれ、大阪府出身。72年、高柳敏夫名誉九段門下で奨励会入り。76年、四段に昇段してプロデビュー。84年、A級八段。94年、九段。88年、第52期棋聖のタイトルを獲得。NHK杯戦などの棋戦優勝多数。
独創的な序盤戦術で「序盤のエジソン」の異名を持つ。「居飛車穴熊」「飛車先不突き矢倉」などの開発者として知られる。一方で、バラエティ番組への出演、新聞雑誌などへの執筆、小学校での将棋教育など多彩な活動を続けている。

履歴