モーツァルト百面相| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

モーツァルト百面相 その謎解き

講師名 日本モーツァルト研究所所長 海老澤 敏
講座内容
Photo1 / Photo2
18世紀古典派の代表的音楽家ヴォルフガング・アマデーウス・モーツァルト(1756~1791)はおよそ西洋音楽史上もっとも数多くの、それも大部分が後世によって生み出された伝説に取り巻かれて来た存在でありました。そのモーツァルトは音楽家としても、またその彼が生み出した作品に関しても、さまざまな真偽定かならぬ問題点を取り上げることができます。その鑑定を謎解きの形でピック・アップしてお話ししてみたいと考えています。(講師・記)
2016年10月期開講の後半です。

第7回  偽作・贋作に悩まされっぱなしのモーツァルト
第8回  モーツァルト門下最優等生ベートーヴェン
第9回  モーツァルト先生大活躍 弟子列伝
第10回 画家モーツァルトの腕前拝見
第11回 モーツァルト異色作の戯曲を読む
第12回 破茶滅茶詩人モーツァルトの迷作朗読で締め括り


<写真説明>
Photo1 モーツァルトの肖像(ドーリス・シュトック作銀筆画,1789年)
Photo2 ルートヴィヒ・フォン・ケッヒェル
日時・期間 土曜 15:30-17:30 01/14~03/25 6回
日程 2017年 1/14
受講料(税込み)
1月~3月(6回)
会員 18,144円
教材費
設備維持費
注意事項 2016年10月から、新宿住友ビル10階・11階にフロア移転いたしました。
講師紹介 海老澤 敏 (エビサワ ビン)
東京生まれ。東京大学文学部美学美術史学科卒業、同大学院人文科学研究科美学専攻修士課程修了。1962年~64年、フランス政府給費留学生として滞仏。現在、尚美学園大学大学院名誉教授、日本モーツァルト研究所所長、ザルツブルク国際モツァルテーウム財団モーツァルト中央研究所所員、同財団名誉財団員、ボローニャ王立音楽アカデミー名誉会員。国立音楽大学名誉教授。元国立音楽大学学長、学園長・理事長、新国立劇場前副理事長、同オペラ研修所元所長。日本音楽学会会長、日本18世紀学会代表幹事、文化庁文化功労者選考委員、文部省芸術祭審査委員運営委員等を歴任。文化功労者。サントリー学芸賞、芸術選奨文部大臣賞、NHK放送文化賞、紫綬褒章、オーストリア共和国有効勲章学術・芸術第一等十字賞、フランス政府学術功労勲章オフィシエおよび芸術文化勲章オフィシエ他、多数の賞(章)を受けている。主な著書に『モーツァルト像の軌跡』(音楽之友社)、『モーツァルトの生涯』(白水社)、『超越の響き』(小学館)、『モーツァルトの虚実』(ペリカン社)、『むすんでひらいて考』(岩波書店)、『ジャン=ジャック・ルソーと音楽』(ペリカン社)、『瀧廉太郎―夭折の響き』(岩波新書)等。主な訳書に『モーツァルト書簡全集』(全6巻、共訳・白水社)、『ルソー全集・音楽論』(白水社)等がある。


履歴