南仏の伝統キルト・ブティB| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

南仏の伝統キルト・ブティB

講師名 テキスタイル・デザイナー 中山 久美子 ジェラルツ
中山久美子ジェラルツ認定ブティ講師 茂木 ひとみ
講座内容
見本 / 見本
最近、日本でも聞かれるようになったフランスの伝統的なキルト「ブティ」。
2枚の布を柄に沿い縫い、そのひとつひとつの柄に膨らみを出すため、コットン糸を詰めてゆき、日の光に透かすと透明感がある出来上がりになります。
この講座で作る作品は、フランス在住でデザイナーとして活躍する中山久美子さん監修。
彼女の人気のオリジナルキットをを2~3ヵ月かけて、ゆっくりと製作します。

基本の縫い方を習いながら覚えていくことが出来るキットが揃っています。
キルト作り初心者の方も歓迎です。

・中山久美子ジェラルツ氏は出講しません。
日時・期間 土曜 13:00-15:00 07/21~09/15 3回
日程 2018年 7/21
受講料(税込み)
7月~9月(3回)
会員 11,016円
一般 12,960円
教材費
設備維持費
注意事項 ※遅刻・欠席は(出来るだけ)前日までにご連絡ください。
お申込みの前に ※春のパンフレットに未掲載講座です。(好評のため増設しました) 見学可
ご案内 <各自ご用意ください>鉛筆(B・2B)またはファブリックペンシル、定規(18~20cm程度)、小ハサミ(糸切りハサミ)、刺しゅう枠(12~15cmくらいのもの)、しつけ糸、シンブル(お持ちの方)、まち針、キット代(新規初回ジュエリートレイ3,500円、継続者3,000円位から。当日、教室内で講師にお支払ください。恐れ入りますが、現金のみで承ります。)
※キットの預かりは行いません。
講師紹介 中山 久美子 ジェラルツ (ナカヤマ クミコ ジェラルツ)
テキスタイル・デザイナー、フランス在住。日本のオートクチュールメゾンにて企画デザインの仕事につき、25年前にフランスに移り住む。パリのデザイン事務所にて服飾デザイナーを経て、現在はデザイン事務所経営、テキスタイルをはじめ、インテリア・食器など幅広いデザイン活動を行っている。フランスの伝統手芸であるブティでは、フランスでも代表作家とされ、フランス国内をはじめ海外ニューヨーク、東京、モスクワでもフランスの伝統文化を紹介教授している。また日本、フランス両国にて著書活動にも力をいれている。著書に日本語版で「ブティ白いオブジェ」「フランスの色」(文化出版局)など。フランス語版にて「L’AST DU BOUTIS(Mango pratique)」、「Couleur francaise(Edition de saxe)」そして、トワルド・ジュイ美術館とのタイアップにて「Toile de Jouy et indienne(Mango pratique)」がある。日本語版新書「刺繍で描くイニシャルとモノグラム(文化出版局)」、「ブティ・布の彫刻」。
茂木 ひとみ (モギ ヒトミ)
2002年、中山久美子氏のブティに出会い、独学で制作を始める。1年間の渡仏時に ソレイアードでブティコース等受講し、本場南仏のブティに触れる。2012年から中山久美子氏に師事。2011年東京国際キルトフェスティバル入賞、2016年入選。都内カルチャーセンターで講師として活躍中。

履歴