ニーチェからアーレントへ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ニーチェからアーレントへ 「神の死」をめぐって

講師名 東北大学教授 森 一郎
講座内容
ニーチェが、『愉しい学問』125番「狂人」で、「神は死んだ、いや、俺たちが殺したのだ!」と記したのは有名ですが、その言わんとするところはいまだ謎のままです。「近代最大の出来事」とも言い換えられているこの「神の死」の真相、とりわけ「どうやって殺ったのか」に関して有力なヒントを与えているのが、アーレントの『人間の条件』(ドイツ語版タイトルは『活動的生』)の第6章「活動的生と近代」です。ニーチェの近代批判は、アーレントに引き継がれたとすら言えるのです。 (講師・記)
日時・期間 日曜 13:00-16:30 03/24~03/24 1回
日程 2019年 3/24
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 森 一郎 (モリ イチロウ)
東北大学情報科学研究科教授。専門は哲学。著書に『死と誕生』(東京大学出版会、2008年)、『死を超えるもの』(東京大学出版会、2013年)、『世代問題の再燃』(明石書店、2017年)、『現代の危機と哲学』(放送大学教育振興会、2018年)、訳書にアーレント『活動的生』(みすず書房、2015年)、ニーチェ『愉しい学問』(講談社学術文庫、2017年)ほか。

履歴