新たな人文知を開く| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

新たな人文知を開く ドグマ人類学入門

講師名 立教大学特任教授 西谷 修
講座内容
科学技術信仰と経済成長神話に浸りきった世界で、先端収斂技術(ナノ、バイオ、IT、および認知科学)がグローバル化した文明そのものを「脱人間化」してゆこうとしています。人間とその世界に何が起こっているのか、人間はそこに介入できるのかを、人間そのものを問い直すことから考えるのがドグマ人類学です。今期はいくつかの論文を読みながらP・ルジャンドルの思想のエッセンスを解説します。

1) 〈宗教〉とは何か?――キリスト教と法
2) 人間のドグマ的次元、三項論理
3) テクストとしての〈社会〉

[参考書] 
ピエール・ルジャンドル
『西洋が西洋について見ないでいること』以文社、2004年
『ルジャンドルとの対話』みすず書房、2010年
『ドグマ人類学総説』平凡社、2003年
西谷修
『理性の探究』岩波書店、2009年
『アメリカ、異形の制度空間』講談社メティエ、2016年

日時・期間 水曜 18:30-20:30 01/09~03/13 3回
日程 2019年 1/9
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,720円
一般 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 [参考書] 
ピエール・ルジャンドル
『西洋が西洋について見ないでいること』以文社、2004年
『ルジャンドルとの対話』みすず書房、2010年
『ドグマ人類学総説』平凡社、2003年
西谷修
『理性の探究』岩波書店、2009年
『アメリカ、異形の制度空間』講談社メティエ、2016年

※当センターでは販売しておりませんので、ご了承ください。
講師紹介 西谷 修 (ニシタニ オサム)
1950年愛知県生まれ、東京大学法学部卒業、都立大大学院仏文修士課程修了、パリ第八大学に留学、明治学院大学文学部教授、東京外国語大学大学院教授を経て現職。著書に『不死のワンダーランド』(青土社)、『夜の鼓動にふれる:戦争論講義』(ちくま学芸文庫)、『〈テロル〉との戦争』(以文社)、『アフター・フクシマ・クロニクル』、『破局のプリズム』(ぷねうま舎)など。エティエンヌ・ド・ラ・ボエシ『自発的隷従論』監修。

履歴