痛み・痒みを緩和する漢方の養生| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】痛み・痒みを緩和する漢方の養生

講師名 中医師 劉 梅
講座内容
誰でも一度は経験している関節の痛みや皮膚の痒み。一時的なものなら我慢できますが、持病が引き起こしている場合も多いものです。
痛みや痒みがあると日常生活が憂うつになります。しかし、これらの多くは漢方薬や養生によって緩和することができるのです。
漢方では痛みや痒みは「風」「熱」「血」などと関係するとされています。この講座では、痛みや痒みを緩和する漢方薬、食事、ツボ、マッサージ、気功などを紹介します。                (講師記)
日時・期間 火曜 15:30-17:00 12/12~12/12 1回
日程 2017年 12/12
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 劉 梅 (リュウ メイ)
中国黒龍江省生まれ、黒龍江中医薬大学卒業後、ハルビン医科大学付属二院に内科医として臨床を経験。1994年に来日、北海道大学医学部客員研究員を経て、2001年、薬日本堂に入社。薬局勤務の傍ら漢方相談員の指導・育成に参加、TV・雑誌でも活躍する。薬膳の知識が活かされた著書『中国の女医さんが教えるおいしくて身体にいい中華』(地球丸)、2011年7月刊『病気・症状を改善 これならできる漢方ごはん』(講談社)は好評。現在、薬日本堂漢方スクールで専任講師として活躍中。http://www.nihondo.co.jp 漢方基礎理論から薬膳まで初心者の方でもわかりやすい講義に定評あり。

履歴