自分の体を使いこなす| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

自分の体を使いこなす 部分ではなく全体を使って

講師名 身体技法研究者 甲野 陽紀
講座内容
自分自身の身体の動き方によって、ときにスッと動いたり、ときに無理な力がかかったり、さらにはそのどちらも感じていなかったりすることもあります。どうしてそうなるのだろう?そんなこともひとつの大きなテーマにしながら、自分自身の体について、動きを通じてその本来もっている可能性を再発見していきます。ただこなすだけの動きではなく、ひとつひとつの動きの質に注目しながら進めていきます。(講師・記)

各回のテーマ(予定)
10月「咄嗟の時のための動き~自分にできる備え~」

11月「咄嗟の時の動き~動作を滞らせないための工夫~」

12月「咄嗟の時からの動き~発想を豊かに保つ~」








日時・期間 火曜 19:00-20:30 10/16~12/18 3回
日程 2018年 10/16
受講料(税込み)
10月~12月(3回)
会員 9,720円
一般 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に トライアル可
ご案内 動きやすい服装、素足(靴下可)でご参加ください。更衣室をご用意しております。
講師紹介 甲野 陽紀 (コウノ ハルノリ)
武術研究者・甲野善紀氏の武術指導のアシスタント、演劇制作スタッフなどを経験した後、独立。分野や流儀、流派にとらわれない立場で身体技法の研究を始める。達人や名人と呼ばれるほどの技量を持つ武術家や職人などの技を観察・分析する研究を基盤に、さまざまに変化する身体の動きを、注意の向け方や言葉の使い方などとの関係から読み解き、そのエッセンスを日常に役立つ技法として提案する斬新なアプローチは、スポーツや介護、楽器奏法、教育関連など、さまざまな分野の専門家からも注目されている。

著書に『身体は「わたし」を映す間鏡である』(和器出版)、共著に『甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方』(山と溪谷社)がある。

http://hkhp.p2.bindsite.jp/index.html

履歴