日常を整える手帳タイム| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】日常を整える手帳タイム

講師名 手帳セラピスト さとう めぐみ
講座内容
「年始に新たな気持ちで手帳を新調したけれど、うまく使えないままでいる…」
「忙しくなると手帳を使わなくなってしまう」
「手帳を使って毎日を充実させたい」
こんな悩みを解決するのが「手帳タイム」です。

1年は12カ月、365日。では1年は何週間でしょうか?
答えは52週間。
一週一週のスケジュールを整えていく手帳の書き方「手帳セラピー®」を知るだけで、
思い通りの幸せな毎日を過ごすことができるようになります。
自分流の手帳の書き方で挫折してきた人も5色ペンをつかった楽しい手帳術で
やりたいことができる新年度をスタートしましょう。
(講師・記)

参照:『幸せな人がこっそりやっている手帳術』(英和出版)
※当日は、手帳や書籍の販売を行う予定です。
http://www.utosa.net/index.html
日時・期間 水曜 19:00-21:00 03/29~03/29 1回
日程 2017年 3/29
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 ※当日は、手帳や書籍の販売を行う予定です
※キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
ご案内 <持ち物>筆記用具(黒・赤・緑・青・オレンジ5色ペン)、日頃お使いの手帳(バーチカルタイプがお薦め)※バーチカルタイプとは…縦軸:時間、横軸:1週間分になっているものです。通常は、マンスリーの後ろについています。
講師紹介 さとう めぐみ (サトウ メグミ)
1973年山形県生まれ。昭和女子大大学院博士後期課程(日本文学) 修了。キモノコンシェルジュとしても活動中。手帳という身近なツールを使って、暦に親しみ、自然と時間に調和していくことで「シンクロニシティ(意味ある偶然)」を呼び寄せ、自分との幸せな調和をはかる新しい手帳術、「手帳セラピー」を広める活動を行っている。この手帳セラピーは『女性自身』『週刊女性』『PHP 誌増刊号』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』ほかさまざまな媒体にて取り上げられている。2017年10月に『幸せおとりよせ手帳2018』(廣済堂)発売予定。http://www.utosa.net/index.html

履歴