ヨーロッパにおける「倫理と政治」| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

ヨーロッパにおける「倫理と政治」 その思想史的考察

講師名 東京大学名誉教授・星槎大学副学長 山脇 直司
講座内容
ヨーロッパの哲学者の多くは「倫理と政治」の関係をめぐってさまざまな思想を展開した。今回はその代表的な思想を取り上げつつ、その現代的意義も考えてみたい (講師・記)

<講座スケジュール>

10月6日  アリストテレスにおける「倫理と政治」
10月20日 ホッブズとスピノザにおける「倫理と政治」
11月3日  カントにおける「倫理と政治」
11月24日 ヘーゲルにおける「倫理と政治」
12月15日 ロールズとサンデルとハーバーマスにおける「倫理と政治」
日時・期間 金曜 18:45-20:15 10/06~12/15 5回
日程 2017年 10/6
受講料(税込み)
10月~12月(5回)
会員 15,120円
一般 18,360円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
日程が変則になりますのでご注意ください。
ご案内 <参考書>山脇直司著『社会思想史を学ぶ』(ちくま新書):ご希望の方は各自でお求めください。
講師紹介 山脇 直司 (ヤマワキ ナオシ)
1949年生まれ。星槎大学副学長・学部長、東京大学名誉教授。ミュンヘン大学哲学博士。学位論文『批判的合理主義と超越論的プラグマティズムの論争』(Hain出版社、ドイツ語)。専門は、哲学、公共哲学、社会思想史。日本語著書『ヨーロッパ社会思想史』『グローカル公共哲学』(東京大学出版会)『公共哲学とは何か』『社会思想史を学ぶ』(ちくま新書)『公共哲学からの応答』(筑摩選書)など。英語著書Glocal Public Philosophy:Toward Peaceful and Just Societies in the Age of Globalization (Lit出版社) 。編書『科学・技術と社会倫理:その統合的思考を探る』(東京大学出版会)など。訳書R.シュペーマン『幸福と仁愛:生の自己実現と他者の地平』(東京大学出版会)など。

履歴