ニャンドゥティ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

南米のレース編み 【新設】ニャンドゥティ

講師名 パラグアイ国立伝統工芸院(IPA)認定指導員 岩谷 みえエレナ
講座内容
講師作品 / 講師作品
現地のグァラニ語で「クモの巣」を意味する“ニャンドウティ”。
16世紀にスペインから伝わったレースが現地の文化と融合し独自のレース編みが生れました。自然や生活に密着したユニークなモチーフがたくさんあり、南米ならではの配色とグラデーションがワクワクさせてくれます。
南米パラグアイの伝統的なレース編みを、ドイリー、コースター、ピアスなど、ご希望の作品で、基本から楽しく学びましょう。日本から一番遠い国(パラグアイ)の魅力も併せてお伝えします。
日時・期間 土曜 10:00-12:30 04/22~06/24 3回
日程 2017年 4/22
受講料(税込み)
4月~6月(3回)
会員 10,692円
一般 12,636円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に 見学可
ご案内 <各自ご用意ください>糸切ばさみ、筆記用具
※教材は初回教室にてお求めください(3900円:木枠30cm、ぬの、糸2個と針と図案等教材を含む)
講師紹介 岩谷 みえエレナ (イワタニ ミエエレナ)
パラグアイ、ラ・コルメナ生まれのパラグアイ人(日系二世)。農村地帯で看護・助産師として活動の後、アルゼンチン、パラグアイ、日本に住む。ニャンドゥティや音楽などパラグアイの文化を紹介。ニャンドゥティの研究会「ACADEMIA MIE ELENA」を主宰し、講師、実演・販売も行う。パラグアイ国立伝統工芸院(IPA)の認定講師。2015年、はじめての本格的なニャンドゥティの解説書となる「パラグアイに伝わる虹色レース・ニャンドゥティ~伝統の模様と作り方」を出版。

履歴