腸と脳を元気にする食べ方| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】腸と脳を元気にする食べ方

講師名 独立行政法人 国立病院機構刀根山病院 院長 佐古田 三郎
講座内容
ブリア=サヴァランは「あなた自身は普段の食べ物で決まる」と述べましたが、私達の体に存在する腸内細菌も同じです。これらの細菌は(口腔、胃にも菌がいますが)、消化を助けてくれるだけではなく、免疫、老化、癌、アルツハイマー病やパーキンソン病などの脳の病気とも関係しています。脳にある体内時計は光でリセットされますが、腹時計は食事でリセットされます。従って、腸は、栄養素や植物由来のファイトケミカルの吸収、体内時計の調整、免疫応答、病的細菌の侵入阻止、など私達の健康を守る大きな関所といえるでしょう。この関所を適切に管理し、薬を用いなくても様々な疾患を改善させ、健康を維持する長生きのコツをお話します。
(講師記)
日時・期間 日曜 13:00-14:30 11/19~11/19 1回
日程 2017年 11/19
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 佐古田 三郎 (サコダ サブロウ)
1975年大阪大学医学部卒。2000年、大阪大学医学部神経内科教授、2010年より現職。大阪大学名誉教授。広島大学工学部客員教授。著書・監修に「医者が教える長生きのコツ」「認知症予防日めくり」があり有機医療を捉唱している。ほか、『佐古田式養生で120歳まで生きる する・しない健康法』(実業之日本社)。

レコメンド

履歴