師を語る・加藤楸邨の世界| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】師を語る・加藤楸邨の世界

講師名 俳人・「街」主宰 今井 聖
講座内容
1993年に88歳で他界した俳人加藤楸邨は13冊の句集の他、多くの著書を残し、その業績は
俳壇史にゆるぎないものとなっている。また、氏の主宰誌「寒雷」からは、金子兜太、森澄雄、沢木欣一、安東次男、田川飛旅子、和知喜八など錚々たる俳人が育った。この講座では楸邨膝下に長く学んだ今井聖が多岐にわたるその魅力をわかりやすく語ります。多くの作句の上のヒントも得られること必定。(講師・記)
日時・期間 水曜 15:30-17:00 03/13~03/13 1回
日程 2019年 3/13
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 今井 聖 (イマイ セイ)
1950年新潟県生まれ。1971年加藤楸邨に師事。1996年俳句誌『街』創刊主宰。信濃毎日新聞俳壇選者。東京新聞かながわ俳壇選者。俳人協会理事。『言葉となればもう古し 加藤楸邨論』で第32回俳人協会評論賞受賞。句集三冊。他に小説『ライク・ア・ローリングストーン-俳句少年漂流記-』(岩波書店)。岩波ジュニア新書『部活で俳句』、シナリオ作家として映画、テレビ作品あり。シナリオ作家協会会員。

履歴