ケストナー「飛ぶ教室」| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

もう一度読みたい名著 【新設】ケストナー「飛ぶ教室」

講師名 ドイツ文学翻訳家 池田 香代子
講座内容
エーリヒ・ケストナーといえば、多くの方が『エーミールと探偵たち』や『二人のロッテ』を懐かしく思い出すでしょう。私も昔、夢中になって読みました。ところが、おとなになって読んで、驚きました。人間や社会への深い洞察が、筋の面白さに隠されていたのです。なんと、ファシズムへの批判も書き込まれています。ケストナーは、子どものころ楽しく読み、おとなになって再読して深く考えさせられる、そんな作家です。特に、危うい時代を生きる私たちには、その魅力を十二分に展開してくれるはずです。 (講師・記)


日時・期間 土曜 15:30-17:00 09/22~09/22 1回
日程 2018年 9/22
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 <参考書>『エーミールと探偵たち』『エーミールと三人のふたご』『二人のロッテ』『点子ちゃんとアントン』『飛ぶ教室』(いずれも池田香代子訳、岩波少年文庫)
講師紹介 池田 香代子 (イケダ カヨコ)
1948年東京生まれ。ドイツ文学翻訳家。主な著書に『哲学のしずく』(河出書房新社)『魔女が語るグリム童話』(正は宝島社、続は洋泉社)『世界がもし100人の村だったら』(マガジンハウス)『花ものがたり』(毎日新聞社)など。主な翻訳にゴルデル『ソフィーの世界』(NHK出版)『完訳クラシック グリム童話』(全5巻 講談社)などがある。『猫たちの森』(早川書房)で第1回日独翻訳賞受賞(1998)

履歴