マネ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】マネ 矛盾の解明

講師名 成城大学教授 喜多崎 親
講座内容
エドゥアール・マネ(1832ー1886)は不思議な画家です。アカデミズムに反発しながらサロンへの出品に固執し、過去の有名作品を下敷きにしながら現代生活を描き、《フォリー・ベルジェールのバー》では空間まで歪めてみせました。この講座では、そうしたマネの作品が持つ矛盾ともいえる特徴を、19世紀半ばのフランスにおける美術を取り巻く状況の中で考えます。(講師・記)

<スケジュール>
1 伝統との格闘
2 パリのモデルニテ
3 写実から離れて

図:マネ《フォリー・ベルジェールのバー》
1882年、油彩・カンヴァス、ロンドン、コートールド・ギャラリー
日時・期間 火曜 13:00-14:30 04/24~06/26 3回
日程 2018年 4/24
受講料(税込み)
4月~6月(3回)
会員 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 喜多崎 親 (キタザキ チカシ)
成城大学教授。早稲田大学大学院博士課程中退。博士(文学)。国立西洋美術館主任研究官、一橋大学大学院教授などを経て現職。専門は19世紀フランス美術史。著書に『聖性の転位 一九世紀フランスに於ける宗教画の変貌』(三元社)、『岩波 西洋美術用語辞典』(益田朋幸と共編著、岩波書店)。

履歴