日本と欧米の民主主義とポピュリズムの現在| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】日本と欧米の民主主義とポピュリズムの現在 対談・現代デモクラシーを読み解く②

講師名 立命館大学准教授 山本 圭
アムステルダム トランスナショナル研究所(TNI)研究員 岸本 聡子
講座内容
フェイクニュースやテロの発生など世界中で社会に対する不安が広がる中、民主主義やポピュリズムに対する関心が再び高まっています。日本で、世界でどのようなことが起きているのか、新しい可能性はどこにあるのか。ラディカル・デモクラシーについて研究されている気鋭の政治学者・山本圭さんと欧米の研究所で政策研究を行い、スペインのポデモスやイギリスの労働党などの最新情報にも精通した岸本聡子さんがそれぞれの立場から語ります。

シリーズ 対談・対談・現代デモクラシーを読み解く①
【WEB割】マルクスと現代資本主義世界
一橋大学准教授 河野 真太郎
ヨーク大学准教授 マルチェロ ムスト
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/3a6826a1-39c8-b5ff-989f-5be559d4f394
【WEB割】終了後のURL
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/ea62c97c-a1c7-ca6b-898e-5bcb154795a6
ユース学生会員あり→https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/defb78ec-1363-9cac-3698-5beff8d66d02
日時・期間 日曜 15:00-16:30 01/20~01/20 1回
日程 2019年 1/20
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 3,672円
一般 4,320円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 山本 圭 (ヤマモト ケイ)
立命館大学法学部・准教授(政治学)。名古屋大学・大学院国際言語文化研究科単位取得退学。博士(学術)。主な著作に『不審者のデモクラシー:ラクラウの政治思想』(岩波書店、2016)、『ポスト代表制の政治学:デモクラシーの危機に抗して』(共編著、ナカニシヤ出版、2015)、ヤニス・スタヴラカキス『ラカニアン・レフト:ラカン派精神分析と政治理論』(共訳、岩波書店、2017)、シャンタル・ムフ『左派ポピュリズムのために』(仮題)(塩田潤との共訳、明石書店、2019年刊行予定)など。
岸本 聡子 (キシモト サトコ)
1974年生まれ、東京出身、大学では環境社会学専攻。環境活動家として青春時代を送り、2001年にオランダに渡った移民一世。2003年よりアムステルダムを拠点とする市民政策シンクタンク、トランスナショナル研究所(TNI)に所属、研究員。現在、新自由主義や市場至上主義に対抗する公共政策を研究するPublic Alternatives プログラムのコーディネーターを務める。編著に『Reclaiming Public Water(公共の水道を取り戻す)』(2005年)、世界14か国語に翻訳(日本語は『世界の水道民営化の実態』として2007年作品社より発行)。『Our Public Water Future: the global experience with water remunicipalisation』(2015年)、『Reclaiming Public Services: How cities and citizens are turning back privatisation』(2017年)日本語版『民営化から再公営化へ:自治体と市民が公共サービスの未来を創る(仮題)』が2019年発行予定。

履歴