ワーグナーの反ユダヤ思想| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ワーグナーの反ユダヤ思想 「ニーベルングの指環」

講師名 法政大学非常勤講師 鈴木 淳子
講座内容
ワーグナーの反ユダヤ思想に関する連続講座、今回は、前回に引き続き、『ニーベルングの指環』に現れたワーグナーの反ユダヤ思想について考えてみたい。今回は、ワーグナーが特にアルベリヒとミーメという登場人物の特性として描いた「利己主義」をキーワードに、ドラマの展開の要となる「愛の断念」というテーマとからめながら、フォイエルバッハやショーペンハウアーからの影響も考慮しつつ、あらためて深く掘り下げてみたいと思う。(講師・記)

※本講座は半年に一度のペースで開講しているシリーズ講座です。毎回異なる角度からワーグナーの反ユダヤ思想について論じます。

<参考書>
鈴木淳子『ヴァーグナーの反ユダヤ思想とナチズム』(アルテスパブリッシング)
日時・期間 土曜 13:00-14:30 02/16~02/16 1回
日程 2019年 2/16
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 鈴木 淳子 (スズキ ジュンコ)
1966年福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部哲学科卒業。東京大学大学院総合文化研究所超域文化科学専攻(比較文学比較文化研究室)博士課程修了。学術博士。法政大学・関東学院大学ドイツ語非常勤講師。主著に『ヴァーグナーと反ユダヤ主義――「未来の芸術作品」と19世紀後半のドイツ精神』、『ヴァーグナーの反ユダヤ思想とナチズム―――『わが闘争』のテクストから見えてくるもの』(両書ともアルテスパブリッシング)がある。

履歴