アニメを読む| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

アニメを読む

講師名 アニメ評論家 藤津 亮太
4月ゲスト・脚本家 大河内 一楼
講座内容
アニメを見るもっとも表層的な方法は、言葉に頼ってストーリーを追いかけることです。けれどもいくつか作品を見ればすぐにわかる通り、ストーリーとは言葉だけによるものではなく、映像とそれをコントロールする演出において、より雄弁に物語られているものです。アニメが制作された背景を解説しつつ、ストーリーがどのような映像として語られているかを詳細に追うことで、それぞれの作品をより深く味わうだけでなく、「アニメの見方」を更新する講座を目指します。 (講師・記)

<スケジュール>
【4月】 特別講義「シナリオのできるまで」
ゲスト講師:大河内一楼
受講者も参加するワークショップ形式です。筆記用具をご持参ください。

【5月】
『源氏物語』『源氏物語千年紀 Genji』

【6月】
『おそ松さん』
日時・期間 土曜 18:00-20:00 04/15~06/17 3回
日程 2017年 4/15
受講料(税込み)
4月~6月(3回)
会員 9,072円
一般 11,016円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※ユース学生会員はお電話の受付のみです。
※各回のお申込みも可能です。
4月のみはコチラ⇒ https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/1abb0821-2a71-fd89-b336-588b1a00c721
5月のみはコチラ⇒ https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/43719e15-f148-9abe-0d1b-588b2ee10bb4
6月のみはコチラ⇒ https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/1e2a7403-6c85-c1f6-84bd-588b2f653796
講師紹介 藤津 亮太 (フジツ リョウタ)
静岡県出身。1968年生まれ。アニメ評論家。雑誌・WEB・DVDブックレットなど各種媒体で執筆中。著書に『「アニメ評論家」宣言』(扶桑社)、『チャンネルはいつもアニメ』(NTT出版)。編著に『ガンダムの現場から』(共編、キネマ旬報社)などがある。毎月第一金曜日はニコニコでアニメに詳しくなれる番組『アニメの門チャンネル』(http://ch.nicovideo.jp/animenomon)を配信中。
HP http://blog.livedoor.jp/personap21/  twitter ID fujitsuryota
★朝日カルチャー講座関連ハッシュタグは #aniyomu

大河内 一楼 (オオコウチ イチロウ)
宮城県出身。1968年生まれ。編集者、ライター、ゲームデザイナー、小説家を経て、『∀ガンダム』で脚本デビュー。代表作に『コードギアス 反逆のルルーシュ』『プラネテス』などがある。東京国際アニメフェア・アニメアワードにて、2003年、2008年の脚本賞を受賞した。


履歴