映画で知る東西ドイツ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】映画で知る東西ドイツ ベルリンの壁崩壊30年

講師名 ドイツ語字幕翻訳者 吉川 美奈子
講座内容
来年はベルリンの壁が崩壊して30年目にあたります。世界を二分した冷戦は終わり、東西ドイツも再統一を果たしました。しかしその後もドイツは東西格差や難民問題、そしてそれをめぐる意見の対立など、新たな問題に直面しています。そんな激動の日々をドイツ映画界はつぶさに見てきました。映画を見ると、ドイツの歩みが見えてきます。本講座では日本で視聴可能なドイツ映画をご紹介しながら、戦後の東西分断から壁の崩壊、そして現在に至るまでを皆様と一緒に振り返ります。(講師・記)
日時・期間 土曜 10:30-12:00 10/06~10/06 1回
日程 2018年 10/6
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 吉川 美奈子 (ヨシカワ ミナコ)
1963年生まれ、上智大学外国語学部ドイツ語学科卒。卒業後に渡独して日系金融機関に勤務。その後は東京のドイツ系金融機関へ。1992年にドイツ語の実務翻訳を始め、2000年からドイツ映画の字幕翻訳に従事。主な翻訳作品は、「コッホ先生と僕らの革命」「東ベルリンから来た女」「ハンナ・アーレント」「アイヒマンを追え! ナチスが最も畏れた男」「ヒトラーの忘れもの」「帰ってきたヒトラー」「はじめてのおもてなし」「女は二度決断する」「ゲッベルスと私」など。

履歴