ボビン・レース 上級科| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

ボビン・レース 上級科

講師名 手芸作家 白井 和子
講座内容
ボビン・レースは15~18世紀に盛んに制作され、ヨーロッパの王室の室内装飾や王侯貴族の肖像画に見られるような服飾品(衿、カフス、扇、ブラウス、ストール)として用いられ、レースの宝石ともいわれました。このレースは約10cmの木製のボビンに糸を巻き、ピロー(クッション)にピンで止め、型紙の図案の順序に従い最低4本の糸を交差させたり、ねじったりすることによって構成されているもので、ボビンの本数を増やすことによって、様々なデザインを展開することができます。ヨーロッパの気品あるボビン・レースで豪華な替えカラーや額などを作りましょう。
○見学ができます。予めご連絡下さい。
日時・期間 水曜 10:00-12:00 04/05~06/21 6回
日程 2017年 4/5
受講料(税込み)
4月~6月(6回)
会員 23,328円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に 上級科は普通科修了者が対象です。初めて「ボビンレース」講座をご受講の場合にはは、普通科クラスをご受講下さい。 見学可
ご案内 教室案内:住友ビル10階9号室で行います。
講師紹介 白井 和子 (シライ カズコ)
公益財団法人日本編物検定協会本部役員。アトリエCS主宰。幼少の頃、レースに出会う。ヨーロッパ各地のレーススクールを訪問し、レースメーカーと多数交流を持ち、OIDFAほかイギリス、オランダ、ドイツのレース協会に所属。

履歴