(講義のみ)「きらめく星座」と井上ひさしの世界| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

-こまつ座公演 【新設】(講義のみ)「きらめく星座」と井上ひさしの世界

講師名 俳優 田代 万里生
劇団「こまつ座」代表 井上 麻矢
講座内容
田代万里生さん / 井上麻矢さん
井上ひさしの音楽劇の代表作であり、「昭和庶民伝三部作」の第一作、「きらめく星座」が、こまつ座の第120回記念として11月に再演されます。太平洋戦争前夜の浅草のレコード店を舞台に、激動の時代を懸命に活き活きと生きた一家を描いた本作は、井上ひさし自身の演出で初演され、こまつ座の代表作として再演を重ねた名作です。長男の正一役を演じる田代万里生さんとこまつ座の井上麻矢さんが、舞台のみどころや井上ひさしが作品に込めた願いについて、様々なエピソードもまじえ語り合います。 

【公演のご案内】 「きらめく星座」作:井上ひさし、演出:栗山民也 
            出演:秋山菜津子、山西惇、久保酎吉、田代万里生、深谷美歩、木場勝己ほか
            2017年11月5日(日)~23日(木・祝)  会場:紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYA

※11/6(月)13:00、11/8(水)18:30、11/18(土)13:00の公演チケット付(優待価格) も承ります。 

☆お得なチケット付き講座のお申し込みはこちらから

11/6(月)13:00  ⇒ https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/6b3074dc-fea8-5042-58d2-5989764508da

11/8(水)18:30  ⇒ https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/daea96a3-58ea-167e-b2ae-59897ca15d76

11/18(土)13:00  ⇒ https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/d806a2ac-8925-58ea-1076-59898136d7bf
日時・期間 水曜 19:00-20:30 11/01~11/01 1回
日程 2017年 11/1
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,456円
一般 4,104円
教材費
設備維持費
注意事項 ※講座は全席自由席です。受講生の皆様への入場整理券(お一人様1枚)は、講座当日14時から新宿住友ビル10階カウンターで配布いたします。開場は18時30分を予定しております。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
お申込みの前に ・WEB受付はご本人のみ、お一人様一枚となりますのでご注意ください。窓口・電話でのお申込みはお一人様2枚まで(ご予約の際、お連れ様のお名前・電話番号・ご住所が必要です)。
・お申込み前に登録・ログインしていただきますことをお勧めいたします。
・モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)をご利用の場合、当社からのメール『@asahiculture.com』を受信できるようドメイン設定をお願い致します。
・当社からID、パスワード確認メールが届かない場合はこちらをご覧ください。⇒ https://www.asahiculture.jp/mailerror
講師紹介 田代 万里生 (タシロ マリオ)
埼玉県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科テノール専攻卒業。3歳からピアノを学び、7歳でヴァイオリン、13歳でトランペット、15歳からテノール歌手の父より本格的に声楽を学ぶ。2003年『欲望という名の電車』で本格的にオペラデビュー。その後09年『マルグリット』でミュージカルデビューを果たす。ホリプロ所属。〈近年の主な作品〉【舞台】『グレート・ギャツビー』 『Clementia vol.3』『エリザベート』『スウィーニー・トッド』『CHESS THE MUSICAL』『スリル・ミー』『ラブ・ネバー・ダイ』『エニシング・ゴーズ』等。第39回菊田一夫演劇賞受賞。
井上 麻矢 (イノウエ マヤ)
1967年、作家、劇作家の故・井上ひさしの三女として東京・柳橋に生まれる。2009年4月こまつ座入社。同年7月より支配人、同年11月より代表取締役社長に就任。2014年市川市民芸術文化奨励賞受賞。2015年、井上ひさしから語られた珠玉の言葉77をまとめた「夜中の電話―父・井上ひさし最後の言葉」と、自身が企画した松竹映画「母と暮せば」【第39回日本アカデミー賞優秀作品賞受賞】の小説版「小説 母と暮せば」(山田洋次監督と共著)を連続刊行。2017年1月東京新聞朝刊「私の東京物語」連載コラム執筆。

こまつ座は2012年に第37回菊田一夫演劇賞特別賞、第47回紀伊國屋演劇賞団体賞、フランコ・エンリケツ賞(イタリア)、2016年に『マンザナ、わが町』で第23回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞。

履歴