血圧を下げる方法| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】血圧を下げる方法 生活改善のコツ

講師名 東京都健康長寿医療センター顧問 桑島 巖
講座内容
重大な後遺症を残しやすい脳卒中、心筋梗塞、腎臓病は、血管の動脈硬化によって引き起こされることから「血管病」と呼ばれています。 血管は体中に酸素や栄養をくまなく運ぶ大切な役割を果たしていますが、その大事な血管を傷めて動脈硬化を引き起こす要因は高血圧、コレステロール、糖尿病です。これらはいずれも生活習慣によって発生するために生活習慣病とよばれます。最近はこれらの生活習慣病に対する画期的治療薬が登場しています。しかし、一人で7、8種類の薬を飲んでおられる方が珍しくありません。そうすると薬の副作用や相互作用が出やすくなります。そこで原点にたちかえり生活習慣病は生活習慣でなおすという考え方が必要になってきます。
本講座では、薬になるべく頼らずに毎日の生活のなかで血圧を下げて動脈硬化を防ぐ方法についてわかりやすく解説します。 (講師記)

日時・期間 土曜 10:30-12:00 09/08~09/08 1回
日程 2018年 9/8
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 桑島 巖 (クワジマ イワオ)
1971年岩手医科大学卒業。80年より米国ニューオリンズオクスナー研究所留学。87年東京都健康長寿医療センター内科医長、97年同センター循環器科部長、2005年同センター副院長を経て現職。東都クリニック高血圧外来(赤坂見附)。日本高血圧学会功労会員。「たけしのみんなの家庭の医学」(テレビ朝日系)、「ためしてガッテン」(NHK)などテレビ出演も多数。著書に『高血圧の常識はウソばかり』(朝日新書)、『高血圧、効く薬効かない薬』(朝日新書)など多数。

履歴