オースティン「エマ」を読む| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

オースティン「エマ」を読む

講師名 元青山学院大学教授 中野 康司
講座内容
「作者の私以外は誰も好きになれないようなヒロインを書くつもりです」とオースティンは言いました。しかしナイトリー氏は、「欠点だらけだが完璧な、世界一美しくてすばらしいエマ」と言います。エマお嬢さまの過ちと反省と成長をじっくり読み進めます。また『エマ』は、「2度読まないと本当の凄さはわからない」と言われます。どこがどう凄いのか検証します。20数回の予定。講義形式ですが、ご質問ご意見大歓迎です。
(講師・記/2018年4月開講)
日時・期間 金曜 13:00-14:30 01/11~03/08 3回
日程 2019年 1/11
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 ・12時45分頃から英語(原文)の解説を教室で行っています。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 <テキスト>
ジェイン・オースティン『エマ』(上・下)(中野康司訳・ちくま文庫)を各自お求め下さい。
加えて、毎回プリントを配付します。英語原文の引用も添えます。原書の購入は必要ありませんが、ご希望の方は、Jane Austen, Emma (Penguin Classics)を各自お求めください。
作品の理解を助けるために写真も活用します。
講師紹介 中野 康司 (ナカノ コウジ)
1946年生まれ。東京都立大学教授を経て、元青山学院大学教授。東京外国語大学(ヒンディー語専攻)卒業。東京都立大学大学院(英文学専攻)博士課程中途退学。著書:『ジェイン・オースティンの言葉』(ちくま文庫)。編著:週刊朝日百科「世界の文学」66号。翻訳書:オースティン『高慢と偏見』『分別と多感』『ノーサンガー・アビー』『マンスフィールド・パーク』『エマ』『説得』、カレン・ジョイ・ファウラー『ジェイン・オースティンの読書会』(ちくま文庫)、J・E・オースティン=リー『ジェイン・オースティンの思い出』、フォースター『小説の諸相』(みすず書房)、『天使も踏むを恐れるところ』(白水社)、『アレクサンドリア』(ちくま学芸文庫)、ストレイチー『てのひらの肖像画』『ヴィクトリア朝偉人伝』(みすず書房)、など。

履歴