酒米・山田錦を丸ごと味わう| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】酒米・山田錦を丸ごと味わう 純米酒を識る特別編・獺祭

講師名 酒食ジャーナリスト 山本 洋子
講座内容
日本酒のために開発されたお米が「酒造好適米」。大粒でお米の中心に「心白(しんぱく)」があり、たんぱく質が少ないのが特徴です。中でも王様と呼ばれる品種が「山田錦」。誕生して70年以上。今も酒米生産量のトップを誇ります。その山田錦だけを原料に、「純米大吟醸」を醸しているのが、山口県の酒蔵「獺祭」醸造元・旭酒造です。
最も有名なものが23%精米(76%を削る)の酒。エレガントで、余韻のある美しい純米大吟醸として大人気。(大吟醸酒は日本で製造される日本酒のうち3%のみ!)
いい日本酒はなぜ削るのか?それはどんな味わいなのか?削った米は、その後どうなるのか?精米歩合の違いでお酒の味はどう変わるかを実際にティスティングして学びます。また、削った山田錦を使い、糖化させたノンアルコールのライスミルクも味わい、酵素の力とは何かを学びます。
日本が誇る、日本唯一の品種、酒米「山田錦」の可能性を探る初企画!獺祭の蔵の方をゲストにお招きしています。
●テイスティング「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分。獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分。獺祭 純米大吟醸50。獺祭 ライスミルク。獺祭 酒粕。」などを予定。(講師・記)

☆「桜酒・花見の純米酒」もございます。
3/18土曜 18:30-20:30
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/ee37e5a5-825e-ea0a-ad55-5808517b7a74
日時・期間 土曜 18:00-20:00 04/08~04/08 1回
日程 2017年 4/8
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,348円
一般 3,996円
教材費 教材費 2,916円
設備維持費
注意事項 ※4日前の火曜日16時以降のキャンセルの場合、教材費の返金はお受け出来ません。ご注意ください。
ご案内 持ち物:筆記用具、飲み水
※申し込みは教材準備の為、当日昼12時で締め切ります。前後する場合もありますので、ご注意ください。
講師紹介 山本 洋子 (ヤマモト ヨウコ)
鳥取県境港市出身。雑誌編集長として、素食やマクロビオティック・玄米雑穀などの日本古来の食の良さを啓蒙し、発酵調味料・米の酒を紹介。独立後、地方に埋もれた「日本の食のお宝!応援」をライフワークに、講演活動や、地域の食ブランドアドバイザー、純米酒&酒肴セミナー講師、酒と食のジャーナリストとして全国へ。境港FISH大使。著書「純米酒BOOK」、「厳選日本酒手帖」「厳選紅茶手帖」(世界文化社刊)。週刊ダイヤモンドで「新日本酒紀行 地域を醸すもの」連載中。モットーは「1日1合純米酒!」 http://www.yohkoyama.com 

履歴