【WEB割】アルチンボルドと「驚異の部屋(ヴンダーカンマー)」| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】【WEB割】アルチンボルドと「驚異の部屋(ヴンダーカンマー)」 愉悦の蒐集を生んだヨーロッパ

講師名 横浜国立大学教授 小宮 正安
講座内容
国立西洋美術館で、6月20日-9月24日に開催される「アルチンボルド展」。この催しにあたり、アルチンボルドの絵画に満ちる「驚異」とは何か、またそれがどこから来たのかを、16世紀に生まれた愉悦のコレクションルーム「驚異の部屋(ヴンダーカンマー)」を手がかりに考えます。またみずから「驚異の部屋(ヴンダーカンマー)」を構え、アルチンボルドを召抱えた神聖ローマ皇帝ルドルフ2世についても考察し、後世から「変人皇帝」と呼ばれている彼が、実は何を考え何を目指していたのかについても探ってゆきます。   (講師・記)


※左図はジュゼッペ・アルチンボルド《春》 1563年 油彩/板 
マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵
© Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid

<展覧会情報>「アルチンボルド展」 2017年6/20(火)~9/24(日)
会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)

◆朝日カルチャーセンター新宿教室10階教材カウンターで前売り券販売中
日時・期間 土曜 13:00-14:30 07/08~07/08 1回
日程 2017年 7/8
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 2,721円
一般 3,304円
教材費
設備維持費
注意事項 【WEB割引キャンペーン】対象講座です。定員に限りがあります。他の割引との併用はできません。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 小宮 正安 (コミヤ マサヤス)
1969年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期単位取得。秋田大学助教授等を経て現職。専門はヨーロッパ文化史・ドイツ文学。著書に『コンスタンツェ・モーツァルト 《悪妻》伝説の虚実』(講談社選書メチエ)、『名曲誕生 時代が生んだクラシック音楽』(山川出版)、『音楽史 影の仕掛け人』『オーケストラの文明史 ヨーロッパ3000年の夢』(ともに春秋社)、『モーツァルトを「造った」男 ケッヘルと同時代のウィーン』『ハプスブルク家の宮殿』(ともに講談社現代新書)、『愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎』、『ウィーン楽友協会 200年の輝き』(ともに集英社新書)ほか多数。ザルツブルクのモーツァルテウムにおける講演をはじめ、『ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート』のコメンテータなど、国内外や各種メディアにおいても活躍している。

履歴