ヨーロッパはどこへ向かうのか| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ヨーロッパはどこへ向かうのか 新しいEUのあり方

講師名 慶應義塾大学教授 庄司 克宏
講座内容
2017年は独仏はじめEU主要国で国政選挙が続いた。ポピュリスト政党が単独で政権に就くことはなかったが、「ドイツのための選択肢」(AfD)などポピュリスト政党の台頭は著しく、各国政府の政権運営とEUの政策に大きな影響を与えることになる。また、イギリスのEU離脱(Brexit)をめぐる交渉は、メイ政権の弱体化と保守党内の不一致のため、離脱協定と将来関係協定のゆくえは定まらない状況である。このような中、EUは独仏を中心として「マルチ・スピード」(2速度式欧州)を軸に改革を検討中である。それらを踏まえてEUの将来シナリオを探る。(講師・記)
日時・期間 土曜 15:30-17:00 03/03~03/10 2回
日程 2018年 3/3
受講料(税込み)
3月~3月(2回)
会員 6,048円
一般 7,344円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 庄司 克宏 (ショウジ カツヒロ)
1957年和歌山県生まれ。1980年慶應義塾大学法学部卒業後、同大学院法学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。二松学舎大学専任講師、助教授、ケンブリッジ大学客員研究員、横浜国立大学大学院助教授、教授、欧州大学院大学客員研究員等を経て、現在、慶應義塾大学大学院法務研究科教授およびジャン・モネEU研究センター所長。専門は、EUの法と政策である。主な著書として、『欧州の危機―Brexitショック』(東洋経済新報社)、『はじめてのEU法』(有斐閣)、『欧州連合 統治の論理とゆくえ』(岩波新書)、『新EU法 基礎篇』『新EU法 政策篇』(岩波書店)など多数。2002年、EUからJean Monnet Chairの称号を授与されている。前・日EU関係有識者委員会委員。

履歴