戦車入門| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】戦車入門 日本編

講師名 軍事考証・日本軍戦車研究家 吉川 和篤
講座内容
第一次大戦直後、欧州各国に遅れて戦車の輸入が始まった日本であったが、戦間期の自動車産業や重工業の発展に伴いアジアで初めて国産戦車を開発し、戦前の一時期は世界的に見て遜色無い戦車を作り上げて行った。しかしその頃、日本は海軍や航空戦力の増強に舵を切り、戦車開発は急速に進化する世界の趨勢から取り残されて行くのであった。今回はこうした日本戦車の終戦までの流れを、写真や図版を交えながら解説。またその中で、九四式軽装甲車の開発にまつわるミッシングリンク等の事例も紹介する。(講師・記)
日時・期間 土曜 18:30-20:00 03/30~03/30 1回
日程 2019年 3/30
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 吉川 和篤 (ヨシカワ カズノリ)
1964年香川県高松市生まれ。本業である広告デザインのかたわら、長年に渡りイタリア軍や日本の戦車研究を行い、軍事/模型雑誌に連載や寄稿を続けて書籍も執筆。さらにアニメ「ガールズ&パンツァー』OVA以降のイタリアおよび日本戦車の監修も行う。著書に『イタリア軍入門』、『Benvenuti! 知られざるイタリア将兵録』(イカロス出版)、『上海海軍特別陸戦隊写真集』(大日本絵画)、『八九式中戦車写真集』、『日本の豆戦車写真集』(イカロス出版)ほか。

履歴