フランス現代思想と文学作品| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】フランス現代思想と文学作品

講師名 東京大学准教授 郷原 佳以
講座内容
思想は過去の厖大な書物との対話のうえで成り立っているが、それらは必ずしも哲学書とは限らない。ときに文学作品が大きな着想を与えている場合もある。いわゆるフランス現代思想においても文学作品の存在が不可欠となっている場合がある。本講座では、現代フランスの思想家たちが著名な短篇をどのように読み、そこからどのように独自の思想を導き出したのかを具体的に検証する。今期は、カフカ「掟の門前」とデリダなど。(講師・記)
日時・期間 金曜 19:00-20:30 01/26~03/23 3回
日程 2018年 1/26
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,072円
一般 11,016円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 郷原 佳以 (ゴウハラ カイ)
1975年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。パリ第7大学大学院博士課程修了。関東学院大学准教授を経て現職。著書に、『文学のミニマル・イメージ モーリス・ブランショ論』(左右社)、訳書に、エレーヌ・シクスー/ジャック・デリダ『ヴェール』(みすず書房)、ブリュノ・クレマン『垂直の声』(水声社)など。

履歴