禅トレで生きるのが楽になる| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】禅トレで生きるのが楽になる

講師名 前曹洞宗国際センター所長 藤田 一照
講座内容
米国の大手企業で坐禅を指南し、世界で活動する禅僧の新しい仏教の実用的アプローチ。体の偏りや緊張を取り、バランスを回復する1分ワークと、仏教的マインドで悩みの乗り越え方をアドバイスします。
日時・期間 火曜 18:30-20:30 11/06~11/06 1回
日程 2018年 11/6
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 ●教室が変更する場合がございます。エレベーター付近の掲示板でご確認ください。
講師紹介 藤田 一照 (フジタ イッショウ)
1954年愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程を中途退学し、曹洞宗僧侶となる。1987年よりアメリカ合衆国マサチューセッツ州西部にある禅堂に住持として渡米、近隣の大学や仏教瞑想センターでも禅の講義や坐禅指導を行う。2005年に帰国。2018年3月までサンフランシスコにある曹洞宗国際センター所長をつとめる。著書に『現代坐禅講義』。共著に『あたらしいわたし』、『アップデートする仏教』、『生きる稽古 死ぬ稽古』、『退歩のススメ』。訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』、『法華経の省察』、ドン・キューピット『未来の宗教』(以上、春秋社刊)、スティーブン・バチェラー『ダルマの実践』、デイビッド・ブレイジャー『フィーリング・ブッダ』(以上、四季社刊)キャロライン・ブレイジャー『自己牢獄を超えて』(コスモス・ライブラリー刊)がある。2010年NHK「こころの時代―宗教・人生『坐禅 結果自然成』」に出演。2013年、山下良道師(スダンマチャーラ比丘)との共著『アップデートする仏教』(幻冬舎)を刊行、新しい仏教の捉え方である「仏教1.0、2.0、3.0」が反響を呼ぶ。

履歴