トゥキュディデス戦史を読む| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

トゥキュディデス戦史を読む

講師名 東京大学名誉教授 桜井 万里子
講座内容
古代ギリシアが生んだ2大歴史家のひとり、トゥキュディデスの歴史書は、現代の国際政治を論じる際にも参照されるほどに、味読に値する名著ですが、その講読をご一緒にします。
具体的には、『戦史』(中公クラシックス)をテクストとして、この史書の重要個所を読み、その意味を考えていきます。「重要個所」とは、同書の主題であるペロポネソス戦争の帰趨に影響を与えた事象の記述や、トゥキュディデスの思想を探る手がかりとなる叙述など、同書のなかでも特に有名な、「サワリ」と言うべき個所を指します。(講師・記)
2015年10月期開講。今期は5巻を読み進めます。
日時・期間 木曜 13:00-14:30 07/05~09/27 3回
日程 2018年 7/5
受講料(税込み)
7月~9月(3回)
会員 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 <テキスト>※各自でご用意ください。
『戦史』 トゥキュディデス・作、久保正彰・訳(中公クラシックス)
講師紹介 桜井 万里子 (サクライ マリコ)
1943年東京都生まれ。1971年東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了、博士(文学)。東京大学名誉教授。おもな著書に『古代ギリシアの女たち』中公文庫(2010年 初版は中公新書1992年)、『古代ギリシア社会史研究』岩波書店(1996年)、『ソクラテスの隣人たち アテナイにおける市民と非市民』山川出版社(1997年)、『ヘロドトスとトゥキュディデス―歴史学の始まり』(山川出版社(2006年)、『いまに生きる古代ギリシア』日本放送出版協会(2007年)、共著『ギリシアとローマ』中公文庫(2010年 初版は中央公論社1997年)、『西洋世界の歴史』山川出版社(1999年9月)。編著『古代オリンピック』(橋場弦と共編)岩波新書(2004年)、『各国史 ギリシア史』山川出版社 (2005年) 『古代地中海世界のダイナミズム 空間・ネットワーク・文化の交流』(師尾晶子と共編)山川出版社(2010年)、『友愛と秘密のヨーロッパ社会文化史 古代秘儀宗教からフリーメイソン団まで』(深沢克己と共編)東大出版会(2010年)ほか。

履歴