「源氏物語」と新春| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】「源氏物語」と新春

講師名 青山学院大学教授 高田 祐彦
講座内容
春が来るのは、昔も今も嬉しいものです。『源氏物語』にもさまざまな春を迎える場面が描かれています。光源氏と紫の上を中心とする『源氏物語』の人々がどのような新春を迎えたか、明るく晴れがましい場面はもちろんのこととして、長編の『源氏物語』ならではの陰影に富んだ人物の内面が映し出されています。本講座では、新年の始めにふさわしいよう、そのような多様な『源氏物語』の新春を、『古今集』や『蜻蛉日記』、『枕草子』といった他の王朝の作品とも併せて、味読したいと思います。(講師記)
日時・期間 土曜 13:00-14:30 01/06~01/06 1回
日程 2018年 1/6
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 3,024円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 高田 祐彦 (タカダ ヒロヒコ)
1959年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得。博士(文学)。東京大学文学部助手、神戸大学国際文化学部助教授を経て、現職。専攻・平安文学。著書に、『源氏物語の文学史』(東京大学出版会)、『源氏物語の透明さと不透明さ』(共編著、青簡舎)、『仲間と読む 源氏物語ゼミナール』(共著、青簡舎)、『日本文学の表現機構』(共著、岩波書店)、『新版古今和歌集』 (訳注、角川ソフィア文庫)などがある。

履歴