古代日本人の神意識| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】古代日本人の神意識

講師名 実践女子大学講師 森 陽香
講座内容
古代に生きた日本人は、世界の始まりや穀物の起源、生と死の起こり、地名の由来など、生活を取り巻くさまざまな物事の発生に、神々の活動があったと考えていました。
この講座では、そうした古代的なこころのありかた―古代日本人の神意識―について、主に『古事記』『風土記』『万葉集』を読みながら、文学・歴史学・民俗学など多様な方法を用いて考えてみます。
第1回は古代信仰の中心をになうムスヒ(ムスビ)神について、第2回は山の神・海の神について、第3回は「神代(かみよ)」という概念について、取り上げる予定です。現代語訳付きの資料を用いますので、古典文法などの予備知識は必要ありません。日本的な信仰の特徴や謎を、一緒に紐解いてみましょう。(講師・記)

<WEB割引キャンペーン対象講座です>
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/講座内部ID
※【WEB割】専用ページが定員になり次第、こちらからの受付申込が可能になります。
日時・期間 金曜 15:30-17:00 01/11~03/08 3回
日程 2019年 1/11
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 ※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 <テキスト>プリントを配布します。
講師紹介 森 陽香 (モリ ヨウコ)
文学博士。慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業、同大学院修了。『古事記』『風土記』『万葉集』などを専門とし、日本人の古代的な心のありかたを研究している。著書に『古代日本人の神意識』(笠間書院)。NHK番組「日めくり万葉集」監修補佐、同番組「万葉の四季」を担当しテレビ出演。

履歴