チェロとピアノで聴くロマン派の調べ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】チェロとピアノで聴くロマン派の調べ

講師名 チェリスト 中木 健二
ピアニスト 永田 美穂
講座内容
中木健二 Ⓒノザワヒロミチ(Capsuleoffice) / 永田美穂 Ⓒ武藤章
オーケストラや室内楽作品では裏方としてあまり目立たない存在であるチェロという楽器、実は弦楽器の中で最も人間の声域に近い音域を持つ楽器として、古くからその豊かな響きを生かした作品が多く作曲されてきました。
 今回はピアニストの永田美穂さんをお招きして、ピアノの持つ多彩なフレーズとともにロマン派の小品をご紹介します。様々な作品の持つ歌心や旋律の美しさ、楽曲の裏に隠された作品への思いや作曲家の素顔を、響き渡るメロディーにのせてご紹介します。(講師記)
〈演奏予定曲目〉
F.メンデルスゾーン/ チェロとピアノのための無言歌 op.109
G.フォーレ/ シシリエンヌ op.78
ロマンス op.69  ほか

日時・期間 月曜 16:00-17:30 09/18~09/18 1回
日程 2017年 9/18
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,672円
一般 4,320円
教材費
設備維持費
注意事項 演奏曲目は変更になることがございます。予めご了承ください。
お申込みの前に 演奏予定曲目は変更になることもございます。あらかじめご了承ください。

講師紹介 中木 健二 (ナカギ ケンジ)
愛知県岡崎市生まれ。3歳でチェロを始める。
名古屋市立菊里高等学校、東京藝術大学を経て2003年渡仏、パリ国立高等音楽院チェロ科でP.ミュレールに師事し、07年にプルミエ・プリ(一等賞)および審査員特別賞をもって卒業。さらに09年スイス・ベルン芸術大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。また、04年より6年間イタリアのキジアーナ音楽院夏期マスタークラスでA.メネセスのクラスを受講し、最優秀ディプロマを取得。

2005年第5回ルトスワフスキ国際チェロ・コンクール第1位受賞。同年、第16回FLAME音楽コンクール(フランス)優勝。08年第1回Note et Bien国際フランス音楽コンクールでグランプリならびにドビュッシー特別賞、ブーレーズ特別賞を受賞するなど、受賞多数。

2010年よりフランス国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団首席奏者として活躍すると共に、リサイタル、オーケストラとの共演、音楽祭出演など幅広い演奏活動を行う。室内楽にも精力的に取り組み、S.アッカルド、B.ジュランナ、A.メネセス、A.チュマチェンコ、C.イヴァルディ等と共演。

2013年デビューCD「美しき夕暮れ」(キングレコード)をリリース。

2014年4月帰国。ソリストとして活躍するほか、14年にアンサンブル「天下統一」(ヴァイオリン:長原幸太、ヴィオラ:鈴木康浩)を、15年に弦楽四重奏団“葦”(ヴァイオリン:白井圭、ビルマン聡平、ヴィオラ:大島亮)を結成し定期的に演奏活動を行うなど、室内楽にも情熱を注いでいる。

紀尾井シンフォニエッタ東京メンバー。東京藝術大学音楽学部准教授。2016年11月「J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 BWV.1007-12(全曲) 」(キングレコード)をリリース。

使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている1700年製ヨーゼフ・グァルネリ。
第11回名古屋音楽ペンクラブ賞受賞。


永田 美穂 (ナガタ ミホ)
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。その後フランス・パリ・エコールノルマル音楽院、イタリア・イモラ国際ピアノアカデミーに入学。 2008年パリ・エコールノルマル音楽院最高課程コンサーティストの修了試験で、マルタ・アルゲリッチ、シプリアン・カツァリス、アブデル・ラーマン・エルバシャ、デビット・ライブリー各氏が審査員の中、満場一致の首席でディプロマ取得。イモラ国際ピアノアカデミーのディプロマ取得。2007年第10回ジャン・フランセ国際コンクール第3位(第2位無し)。 2008年第1回ヴァル・ディゼール国際コンクールグランプリ受賞。2009年第11回イルド・フランス国際コンクール第2位、併せて特別モーツァルト賞受賞。ベルギー・ブリュッセルで行われた音楽祭ではオーディションに合格し、王立音楽院ホールでニージニー・ノヴゴルド・クレムリン交響楽団とチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を共演。ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団とウィーン、東京、山形で共演。2010年飯森範親指揮山形交響楽団定期演奏会でラヴェル ピアノ協奏曲ト長調を共演。また“アフィニス夏の音楽祭2010山形”にて室内楽演奏会にゲスト出演するなど、フランス、ドイツ、オーストリア、ポルトガル、イタリアでソロおよび室内楽演奏会に出演。2014年4月より日本へ拠点を移し、国内外においてソロや室内楽の演奏活動を行っている。
これまでに一柳多津子、一柳和男、須田真美子、ギグラ・カツァラバ、レオニード・マルガリウス、リカルド・リザリティ、アンヌ・ケフェレック、室内楽をエリック・ルサージュ各氏に師事。

履歴