舌診と養生学| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

舌診と養生学

講師名 鍼灸師・薬剤師 平地 治美
講座内容
漢方イメージ画像 / 講師画像
東洋医学の診断に器械は必要ありません。顔色や舌の状態を観察する・臭いを嗅ぐ・お腹を触ったり脈の状態を診る、というように五感を使って診ていく「四診(ししん)」から診断を行っていきます。その中の一つに、舌の状態を見て体の状態を知る診断法「舌診(ぜっしん)」があります。
舌を診ることで、食べ過ぎや飲み過ぎ、水分の過不足、熱や冷えの有無など体の中の様々なことを知ることができます。
今回の講義では舌の診方の基礎、それぞれのタイプの養生法について学びます。自分の舌を観察し、日々の健康管理の一手段とするきっかけにしていただければと思います。
日時・期間 土曜 15:30-17:00 12/02~12/02 1回
日程 2017年 12/2
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ※当日は靴を脱いでお入りいただくお教室を予定しております。
講師紹介 平地 治美 (ヒラヂ ハルミ)
1970年千葉県生まれ。薬剤師、鍼灸師。明治薬科大学薬学部卒業後、東洋鍼灸専門学校へ入学して鍼灸を学ぶ。約20年漢方臨床に携わる。漢方薬局勤務を経て和光治療院・漢方薬局を開局し、鍼灸と漢方の臨床に携わる。千葉大学非常勤講師、漢方三考塾講師、日本伝統鍼灸学会学術副部長、京都大学伝統医療文化研究班員。

履歴