ゾロアスター教拝火神殿論| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ゾロアスター教拝火神殿論 イランと中央アジア

講師名 静岡文化芸術大学教授 青木 健
講座内容
2015年タジキスタンにて
先行研究によれば、イラン南部におけるサーサーン朝時代(紀元後3世紀~7世紀)のゾロアスター教拝火神殿は、都市の内部ではなく、海港から当該地域の中心都市を繋ぐキャラバン・ルート上に、隊商宿のようにして点在する。これとは逆に、同時代の中央アジアのゾロアスター教拝火神殿は、都市の外縁部(内部の一等地は、仏教遺跡やネストリウス派キリスト教遺跡が占めていた)に存在しており、キャラバン・ルート上には存在していない。同時代の同一宗教にも拘らず、拝火神殿の立地条件に、何故ここまで相違があるのだろうか?(講師記)
日時・期間 月曜 10:30-12:00 01/28~02/11 3回
日程 2019年 1/28
受講料(税込み)
1月~2月(3回)
会員 9,720円
一般 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
(初回のみ11階23号、2回、3回は10階3号予定です。)
講師紹介 青木 健 (アオキ タケシ)
1972年生まれ。東京大学文学部イスラム学科卒業。同大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士。専門はゾロアスター教、イラン・イスラーム思想。慶応義塾大学言語文化研究所兼任所員を経て2017年より現職。著書に『アーリア人』『ゾロアスター教』(講談社選書メチエ)、『ゾロアスター教史』(刀水書房)。

履歴