弘法大師空海、御入定の聖地 高野山| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】弘法大師空海、御入定の聖地 高野山 日本の聖地

講師名 高野山真言宗般若院住職 宮崎 信也
講座内容
日本を代表する、山中他界(さんちゅうたかい)として知られる仏教、密教の聖地「高野山」は空海自ら「紀伊国伊都郡高野の峯に於いて入定の処を請け乞はせらるる表」を朝廷に提出したことに始まります。
その中で空海は「今、密教の経典に照らして考えるに、深山中の平地こそ勝境にして修行に適う場所であります」と述べていますが、
空海が唐の長安で師匠の恵果和尚から学んだ密教は優れて都会的なものでした。
世界遺産として海外からも人気を集める「高野山」の魅力を作っているのは、自然そのものを本尊とするこの列島独特の宗教観の根底に通じる空海の密教観があります。
その教えを「性霊集」に残された空海直筆の文章から探ります。(講師・記)
日時・期間 水曜 18:30-20:00 02/28~02/28 1回
日程 2018年 2/28
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 宮崎 信也 (ミヤザキ シンヤ)
1956年徳島生まれ。大谷大学大学院修士課程・文学修士。高野山真言宗・般若院住職。明治大学野生の科学研究所研究員・多摩美術大学芸術人類学研究所客員研究員・四国大学非常勤講師。編著書に「東方の知恵」「ブッダの方舟」(共著)

履歴