西田哲学の根本問題| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】西田哲学の根本問題 「弁証法的世界」の構造

講師名 日本大学名誉教授 小坂 国継
講座内容
西田幾多郎は「場所の論理」を「一般者の自覚的体系」として論理化し、その究極において「絶対無の自覚」の思想に到達したのち、一転して、現実の世界を絶対無の自覚的限定の世界として叙述していきます。それが「人格的世界」と呼ばれる世界であり、具体的には「私と汝」の世界です。この転回によって、これまで自己と絶対無の二極構造から成ると考えられた世界が、「私と汝」あるいは「私と汝と物」から成る多極構造の世界として論じられるようになりました。これがいわゆる「弁証法的世界」にほかなりません。
今期のテーマは形而上学的な絶対無の場所の自覚的限定として考えられる弁証法的な歴史的現実界がどのような構造をもっているかを明らかにすることです。それと同時に、この時期に頻出する「永遠の今」「非連続の連続」「内即外・外即内」「一即多・多即一」など、重要な用語の解説をおこないたいと考えています。(講師・記)

1月10日 人格的世界と弁証法的世界
2月14日 弁証法的世界の論理的構造
3月14日 西田哲学とヘーゲル弁証法
日時・期間 木曜 13:00-14:30 01/10~03/14 3回
日程 2019年 1/10
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 <テキスト>各自でご用意ください。
小坂国継『西田幾多郎の思想』(講談社学術文庫)
講師紹介 小坂 国継 (コサカ クニツグ)
1943年生まれ。1966年早稲田大学第一文学部卒業。1971年同大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。1986年より日本大学教授、2014年より日本大学名誉教授。専攻は宗教哲学、現代日本思想、比較思想。著書に、『西田幾多郎』『東洋的な生きかた』『環境倫理学ノート』『倫理と宗教の相剋』『近代日本哲学のなかの西田哲学』『鏡のなかのギリシア哲学』(ミネルヴァ書房)、『西田幾多郎の思想』『西洋の哲学・東洋の思想』『全注釈 善の研究』(講談社)、『西田哲学の基層』『明治哲学の研究』『新版西田幾多郎全集』(共編、岩波書店)など。

履歴