文芸翻訳のツボ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

文芸翻訳のツボ 原文を正しく読み、的確に表現するために

講師名 文芸翻訳家 越前 敏弥
講座内容
文芸翻訳をするにあたって気をつけるべきさまざまなことを、1回完結の形で学びます。「英米小説の翻訳」クラスを有意義に受講するためのオリエンテーションクラスです。予習は不要です。当日は、いくつかの小説の原文と過去の生徒の訳文を対比して、問題点をみなさんといっしょに考えていきます。表記のルール、辞書の選び方、翻訳の勉強法などについてもお話しします。(講師・記)※越前先生の翻訳講座を初めて受講するかたは、なるべくこの講座にお入りください。「英米小説の翻訳」講座といっしょに受講することも可能です。(講師・記)

<テキスト>各自ご用意のうえ、なるべく当日までに読んできてください。
「越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文」¥1000(税別)
「翻訳百景」¥800(税別)
日時・期間 土曜 15:15-16:45 07/01~08/05 2回
日程 2017年 7/1
受講料(税込み)
7月~8月(2回)
会員 7,344円
一般 8,640円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 <テキスト>各自ご用意のうえ、なるべく当日までに読んできてください。
「越前敏弥の日本人なら必ず悪訳する英文」¥1000(税別)
「翻訳百景」¥800(税別)
*コピー代を実費でお支払していただくことがあります。(※恐れ入りますが、現金払いのみで承ります)。
講師紹介 越前 敏弥 (エチゼン トシヤ)
1961年生まれ。東京大学文学部卒。著書に、文芸翻訳の仕事や翻訳書の楽しみについて書いた『翻訳百景』(角川書店)、日本人が誤読・誤訳に陥りがちな英文を収集・解説した『日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。主な訳書に『ダ・ヴィンチ・コード』『Yの悲劇』『シートン動物記』『思い出のマーニー』(以上、角川書店)、『解錠師』『生か、死か』(以上、早川書房)、『おやすみ、リリー』(ハーパー・コリンズ・ジャパン)、『世界文学大図鑑』(三省堂)、『チューダー王朝弁護士シャードレイク』(集英社)など。

履歴