現代民主主義を再考する| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

現代民主主義を再考する

講師名 法政大学教授 山口 二郎
講座内容 いままで私たちは、民主主義に代わる政治の原理はないと信じてきました。しかし、21世紀にはいって、そのような信念は揺らいでいます。グローバル資本主義の暴走とそれに伴う格差の拡大、民族・宗教紛争とテロリズムの蔓延、新しいメディアの発達と事実認識の困難など、民主政治を揺さぶる様々な挑戦に対して、私たちは民主政治を守るために、何をなすべきか。答えのない問題ですが、ともかく考えてみたいと思います。(講師・記)今期開講、全6回予定。

<10月期>
1 民主主義とは何か
・デモス(人々)は権力を持てるのか
・民主主義の構成要素
・多数決と民主主義
・立憲主義と民主主義

2 市民対独裁者
・戦争と独裁政治
・自由からの逃走と独裁政治の成立
・独裁の現代的形態
・人が自由な市民であるための条件-中間団体をめぐって

3 市民対民衆
・市民の条件-普通選挙制は民主的か?
・階級社会の成立と大衆民主政治の到来
・マスメディアの誕生と民主政治の変容
・オルテガの危惧と20世紀の民主主義
・直接民主主義は民主政治を破壊するか?

<18年1月期>
4 市民対専門家
・福祉国家における専門的政策の必要性
・誰が政策を決めるのか-官僚制という問題
・シロウト市民が専門家を統制できるのか
・責任概念の変容とアイヒマン問題

5 市民対資本家
・経済的平等と民主主義
・ポピュリズムの誕生と民主政治
・グローバル資本主義と民主主義の矛盾
・ひとり勝ちの政治の行方

6 国民対コスモポリタン
・ナショナリズムと民主主義
・グローバル化と民主主義の緊張
・ポピュリズムの変容と国民の再発見
・良いナショナリズムはあるのか
日時・期間 金曜 13:00-14:30 01/26~03/23 3回
日程 2018年 1/26
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,072円
一般 11,016円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 山口 二郎 (ヤマグチ ジロウ)
1958年岡山県生まれ。1981年東京大学法学部卒業後、東京大学法学部助手、北海道大学法学部助教授を経て1987年よりアメリカ・コーネル大学へ留学。1993年北海道大学法学部教授。1997年よりイギリス・オックスフォード大学に留学。2000-2004年北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター長。2005年よりイギリス、ウォーリック大学に留学。北海道大学公共政策大学院教授、北海道大学大学院法学研究科教授、パリ国立政治学院客員教授を経て、2014年4月より法政大学法学部教授。専攻は政治学・行政学。著書に、『ポピュリズムへの反撃』(角川書店)、『いまを生きるための政治学』(岩波書店)他多数。

履歴