線香をつくる| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

香道泉山御流 【新設】線香をつくる

講師名 泉山御流宗家嫡承 西際 重誉
講座内容
西際  重誉講師
線香は本来「綫香」と書き、香りのする細井糸を表します。製法はまず様々な香料を混ぜ合わせ、接着剤、燃焼時間を延長させる天然の粉末を投入し、作ります。
普通は大掛かりな器物が必要になりますが、気軽に作製できるように考案致しました。
香りは当流に伝わる薫物(練物)の処方箋を基本に作ります。
今回は六種の薫物から「梅花」か来年の干支に因んだ「斉家」のいずれかを選んで頂きます。(講師・記)

※教材費(2,000円)は当日教室でお支払いください。
※乳鉢、練棒のセットを予約販売いたします。ご希望の方は12/6(水)AM中までに担当者へご連絡ください。(約900円)
日時・期間 木曜 13:30-15:00 12/14~12/14 1回
日程 2017年 12/14
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 3,564円
一般 4,212円
教材費
設備維持費
注意事項 ※教材費(2,000円)が別途かかります。
乳鉢、練棒のセットを予約販売いたします。ご希望の方は12/6(水)AM中までに担当者へご連絡ください。(約900円)
ご案内 教材費(2,000円)、乳鉢(直径12cm位)、練棒(乳棒)、おろしがね(できれば金属製。セラミックでも可。洗うと香りは落ちるので、料理用のもので大丈夫です)、スプーン(香をすくう時に使用)、エプロン(洋服の汚れが気になる方)、持ち帰り用の袋(A4から30センチ四方程度が入る大きさ)。
講師紹介 西際 重誉 (ニシギワ ジョウヨ)
香道泉山御流宗家嫡承(後継者)。京都市生まれ。幼少より、父、宗家好誉に師事。現在、師範育成の傍ら、香道教室で講師として活躍中。

履歴