インタビュー入門| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】インタビュー入門 エッセイのための実践取材術

講師名 ジャーナリスト 下川 美奈
ノンフィクション作家 神山 典士
講座内容
下川美奈さん / 神山典士さん
冬の総合案内に掲載のない講座です。
 
 エッセイを書くに当たって、インタビューを行うことは重要な要素です。文章の幅もテーマも広がります。前回の元宝塚、女優の樹里咲穂さんに続き、今回は昨年末まで日本テレビ報道キャスターを務めた下川美奈さんにご登場いただきます。下川さんは元警視庁キャップ、数々のスクープをものにした社会部記者です。その御著書「テレビ報道記者」(WAC)を読み込んで、仕事内容、女性の活躍、報道の醍醐味等を質問してみましょう。その内容を、新聞の「話題の人」欄を想定して800文字で書きます。

☆神山典士先生の講座は下記の曜日に開催しています。

・「日曜文章教室」 第4日曜日 10:30~12:00(4月からは第2日曜)

・「エッセイ教室~読みたくなるエッセイを書くために」 第4火曜日 10:30~12:00

日時・期間 日曜 10:30-12:00 03/26~03/26 1回
日程 2017年 3/26
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,132円
一般 3,780円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 ・当日のインタビュアーは10人を予定しております。下川美奈さんへのインタビューをご希望の方は、お申し込みの手続きをされた後、朝日カルチャーセンター新宿教室・「インタビュー入門」係までご連絡ください。(℡:03-3344-1945)
講師紹介 下川 美奈 (シモカワ ミナ)
日本テレビ報道局解説委員兼社会部デスク。1972年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本テレビに入社。以来、主に社会部で事件などの取材をする。2006年から2年9カ月間、新聞・テレビ含めて女性初の警視庁キャップを務め、2009年1月からは社会部デスクとして、事件・災害取材などの指揮をする。2010年7月からは社会部デスク業務とともに、隔週で情報番組のニュースコーナーのキャスターを担当。2016年12月まで朝の『スッキリ!!』と午後の『情報ライブ ミヤネ屋』のニュースコーナーでニュース項目のセレクトからキャスターも務めた。また、2014年4月から2016年12月まで隔週金曜にBS日テレの『深層NEWS』のキャスターとしても活躍。
神山 典士 (コウヤマ ノリオ)
1960年埼玉県生まれ。信州大学人文学部卒。96年、『ライオンの夢、コンデ・コマ=前田光世伝』にて第三回小学館ノンフィクション大賞優秀賞受賞。2012年、初めて書いた児童書『ピアノはともだち、奇跡のピアニスト辻井伸行の秘密』が全国読書感想文コンクール課題図書に選ばれる。2014年、佐村河内守事件をスクープし、「大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)」受賞。2015年、雑誌ジャーナリズム大賞受賞。『異文化、アウトロー、表現者』をテーマに、大人向けから児童書まで、様々なジャンルの作品を発表する。主な著書に『不敗の格闘王、前田光世伝』(祥伝社黄金文庫)『伝説の料理長、サリー・ワイル物語』(草思社文庫)『新・世界三大料理』(PHP新書)『ペテン師と天才~佐村河内事件の全貌』(文藝春秋)、最新刊に『フレンチの王道、シェ・イノの流儀』(文春新書)『ピアノはともだち、辻井伸行の秘密』(青い鳥文庫)。

履歴