「論語」を読む| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】「論語」を読む 政治の在り方

講師名 実践女子大学教授 影山 輝國
講座内容
あと5年ほどで、孔子没後2500年を迎えます。これを機に『論語』を読み直してみてはいかがでしょう。この講座では、孔子の活躍した時代背景を明らかにし、『論語』という書物がいかに編纂され、どのように読まれてきたかを解説しながら、現代にも価値を失わない珠玉の言葉を味わっていこうと思います。今回のテーマは「政治の在り方」です。『論語』約500章に中に、理想的な政治とは何かについて、議論がなされている章があります。その部分をピックアップし、読み解きます。(講師・記)

①10/20   弟子たちの問い
②11/24  為政者たちの問い
③12/15   孔子、政治を語る


日時・期間 金曜 13:00-14:30 10/20~12/15 3回
日程 2017年 10/20
受講料(税込み)
10月~12月(3回)
会員 9,072円
一般 11,016円
教材費
設備維持費
注意事項 ※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 影山 輝國 (カゲヤマ テルクニ)
東京大学大学院中国哲学専門課程修了後、東京大学教養学部助手を経て、実践女子大学文学部教授。日本にだけ残った『論語』注釈書である『論語義疏』を研究している。著書に『「論語」と孔子の生涯』(中公叢書)、『倭国伝』(講談社学術文庫)、『新明解現代漢和辞典』(三省堂)がある。

履歴