オイラーが描いた美しい微分方程式の世界| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】オイラーが描いた美しい微分方程式の世界

講師名 元九州大学教授 高瀬 正仁
講座内容
オイラーの積分論は全3巻の著作『積分計算教程』において繰り広げられました。1600頁をこえる大きな作品ですが、弧長や面積や体積など、積分論でおなじみの求積法はどこにも見あたらず、目に入るのはすみからすみまで微分方程式ばかりなのはまったく驚くべきことでした。第1巻と第2巻は常微分方程式、第3巻は偏微分方程式。微分方程式がさまざまなタイプに分類され、おびただしい数のおもしろい形の具体例がそのつど提示され、しかも技巧を駆使した詳細な解答が伴っています。本講座ではオイラーが造形した微分方程式の世界を豊富な実例とともに紹介します。(講師記)

《参考文献》
『オイラーの難問に学ぶ微分方程式』高瀬正仁著(共立出版、2018年)
日時・期間 土曜 15:40-20:00 12/22~12/22 1回
日程 2018年 12/22
受講料(税込み)
12月~12月(1回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項 ※休憩が入ります。
※「秋の講座案内」(冊子パンフレット)に記載のない講座です。
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 高瀬 正仁 (タカセ マサヒト)
昭和26年(1951年)、渡良瀬川上流の山村、群馬県勢多郡東村(現在のみどり市東町)に生れる。数学者、数学史家。専攻は多変数関数論と近代数学史。東京大学を経て九州大学大学院修士課程修了。元九州大学教授。歌誌「風日」同人。著作『評伝岡潔』三部作(「星の章」「花の章」は海鳴社。「虹の章」はみみずく舎)、『高木貞治とその時代』(東京大学出版会)など。訳書『ガウス整数論』(朝倉書店)、『オイラーの無限解析』『オイラーの解析幾何』(海鳴社)、『ガウスの数学日記』(日本評論社)、『オイラーの難問に学ぶ微分方程式』(共立出版)など。

履歴