炭素が変えた人類の歴史| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】炭素が変えた人類の歴史

講師名 サイエンスライター 佐藤 健太郎
講座内容
歴史の教科書 に並んでいるのは、ほとんど人物や戦争、条約の名ばかりだ。しかし、歴史を動かしてきたのはこれら人間の営みだけではない。 有用 な 物質を創り出し、奪い合い、活用することで、その活動の場を広げてきた側面もある。
 こうした物質 の中でも、炭素を含む「有機化合物」は、常に歴史を動かすキープレイヤーであり続けてきた。本講座では、数々の有機化合物の 中か ら、 デンプン、エタノール、尿酸などいくつかの物質に焦点を当て、それらがいかに大きく歴史を動かしてきたか眺めていく。意外で 面白いエピ ソードの数々を通じ、化学を学ぶということの意義を、改めて問い直してみたい。(講師・記)
日時・期間 土曜 15:30-17:00 07/02~07/02 1回
日程 2016年 7/2
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 教室が変更になることがあります。7階エレベーターホールの掲示をご確認のうえ教室にお入りください。
講師紹介 佐藤 健太郎 (サトウ ケンタロウ)
1970年生まれ。東京工業大学大学院博士前期課程修了の後、国内製薬企業で創薬研究に携わる。2008年より、フリーのサイエンスライターに転身。2009年より12年まで、東京大学理学系研究科化学専攻にて広報担当特任助教。2010年科学ジャーナリスト賞、2011年第1回化学コミュニケーション賞を受賞。著書に「医薬品クライシス」「創薬科学入門」「炭素文明論」「世界史を変えた薬」他。

履歴