空海の思想と般若理趣経| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

空海の思想と般若理趣経 マンダラとともに読み解く

講師名 高野山真言宗・般若院住職 宮崎 信也
講座内容 空海が開いた真言宗で、最も多く読誦されているのが「般若理趣経」です。しかし、秘密経典とされ、一般にその内容が平易に解説されることも少なく、解説されているものにも興味本位のものがあることも否定できません。理趣経の特徴として、各章や内容ごとにマンダラが説かれていることも特徴です。
今期も引き続き「般若理趣経」が説く大楽の教えが仏教の歴史の上でどういう位置を占めるのかを、各章ごとに示されるマンダラとともに読み解いていきたいと思います。そこには、出家仏教にはない、日々の日常生活に生かされる仏教の知恵が示されています。密教だけではなく、一般仏教に興味がある方にもわかり易い解説にトライします。またまとめとして、仏教全体を俯瞰してみたいと思います。「密なるもの、秘なるものが私を呼ぶ」(般若院に残された梅原猛先生の書より)。」(講師・記)





日時・期間 月曜 15:30-17:00 04/24~06/26 3回
日程 2017年 4/24
受講料(税込み)
4月~6月(3回)
会員 9,072円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 宮崎 信也 (ミヤザキ シンヤ)
1956年徳島生まれ。大谷大学大学院修士課程・文学修士。高野山真言宗・般若院住職。明治大学野生の科学研究所研究員・多摩美術大学芸術人類学研究所客員研究員・四国大学非常勤講師。編著書に「東方の知恵」「ブッダの方舟」(共著)

履歴