この星の光の地図を写す| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】この星の光の地図を写す

講師名 写真家 石川 直樹
講座内容
K2 (C)石川直樹
東京オペラシティアートギャラリーで、「石川直樹 この星の光の地図を写す」(会期:2019.1.12(土)- 2019.3.24(日))が開催されます。そこで展示される写真とそれにまつわるエピソード、最新の旅について話をします。
20年以上にわたる旅の軌跡を振り返り、地球上に古くから伝わる、生きるための叡智を見つめ直します。 
日時・期間 土曜 13:00-15:00 02/23~02/23 1回
日程 2019年 2/23
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 石川 直樹 (イシカワ ナオキ)
1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』『K2』(SLANT)を5冊連続刊行。最新刊に写真集『Svalbard』『流星の島』(SUPER LABO)、著書『極北へ』(毎日新聞出版)がある。

履歴