「近代」から現代社会を考える| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】「近代」から現代社会を考える 社会学と憲法学から

講師名 社会学者 大澤 真幸
首都大学東京教授 木村 草太
講座内容
木村草太さん / 大澤真幸さん(撮影:左右社)
今起きている衝撃的な事件や出来事は、時事問題として観察する対象であるだけでなく、 長い時間軸の中で、理論的に考えてみるべきものでもあります。
 今回の対談では、大澤先生の「<わたし>と<みんな>の社会学」を踏まえ、「近代」という構想の淵源と射程を考えながら、現代の社会について検討してみたいと思います。 (講師・記)
日時・期間 木曜 19:00-20:30 09/14~09/14 1回
日程 2017年 9/14
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,456円
一般 4,104円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 大澤 真幸 (オオサワ マサチ)
1958年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。著書に『虚構の時代の果て』(ちくま新書)、『恋愛の不可能性について』(春秋社)、『電子メディア論―身体のメディア的変容』(新曜社)、『戦後の思想空間』(ちくま新書)、『<不気味なもの>の政治学』(新書館)、『ナショナリズム論の名著50』(平凡社)、『文明の内なる衝撃』(NHKブックス)、『自由を考える』(共著・NHKブックス)、『ナショナリズムの由来』(講談社)、『逆説の民主主義』(角川書店)、『不可能性の時代』(岩波書店)、『<自由>の条件』(講談社)など多数。
木村 草太 (キムラ ソウタ)
1980年生まれ。東京大学法学部卒業後、同大学助手を経て、現在、首都大学東京都市教養学部 法学系法律学コース社会科学研究科 法学政治学専攻教授。専攻は憲法学。著書に、『平等なき平等条項論-equal protection条項と憲法14条1項』(東京大学出版会)、『憲法の急所』(羽鳥書店)、『キヨミズ准教授の法学入門)』(星海社新書)、『憲法の創造力』(NHK出版新書)、『憲法学再入門(法学教室ライブラリィ)』(共著・有斐閣)、『未完の憲法』(奥平康弘氏との共著・潮出版社)、『テレビが伝えない憲法の話』(PHP新書)、『集団的自衛権はなぜ違憲なのか (犀の教室)』(共著・晶文社) 『CD付 現代語訳でよむ 日本の憲法』(監修・アルク)など多数。

履歴