モーツァルトとフランス革命| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】モーツァルトとフランス革命

講師名 音楽評論家 加藤 浩子
講座内容
モーツァルトの晩年は、フランス革命期と重なっています。彼の「三大オペラ」〜《フィガロの結婚》《ドン・ジョヴァンニ》《魔笛》〜はこの時期に作曲され、それぞれ革命の時代の影響を受けました。本講座では、三大オペラを作曲順に1作ずつとりあげ、そこに反映されている「革命」を読み解きます。 (講師・記)

<スケジュール>
第1回 《フィガロの結婚》 宮廷社会の黄昏
第2回 《ドン・ジョヴァンニ》大貴族の没落
第3回 《魔笛》市民社会の誕生 
日時・期間 木曜 13:00-14:30 01/10~02/28 3回
日程 2019年 1/10
受講料(税込み)
1月~2月(3回)
会員 9,720円
一般 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 加藤 浩子 (カトウ ヒロコ)
東京生まれ。慶應義塾大学大学院修了(音楽学専攻)。慶應義塾大学、早稲田大学講師。音楽評論家。著書に『黄金の翼=ジュゼッペ・ヴェルディ』『バッハへの旅』(東京書籍)、『ようこそオペラ!』『今夜はオペラ!』『モーツァルト 愛の名曲20選』『オペラ 愛の名曲20+4選』(春秋社)、『ヴェルディ』(平凡社新書)、共著に鈴木雅明氏との対談集『バッハからの贈りもの』(春秋社)、『オペラでわかるヨーロッパ史』 『音楽で楽しむ名画』(平凡社新書)ほか多数。最新刊は『バッハ: 「音楽の父」の素顔と生涯』(平凡社)。 
ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/casahiroko/ ホームページhttp://www.casa-hiroko.com/

履歴