誇り高き明石君 紫の上の好敵手 | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~20:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

誇り高き明石君 紫の上の好敵手 ―『源氏物語』

講師名 札幌大学教授 田中 幹子
講座内容
田中講師
光源氏の妻の中で最も出自の低い明石君。身の程意識に苦しみ、娘も物心つかぬうち紫の上に引き取られます。その明石君が5年後の正月、娘に豪華な細工の鶯と『初音聞かせよ』と歌を寄せます。哀れな母心と解される場面ですが、漢籍の知識を背景にした明石君の光源氏への挑戦と読み解いてみます。
日時・期間 土曜 10:00-11:30 02/25~02/25 1回
日程 2017年 2/25
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 2,052円
一般 2,052円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 田中 幹子 (タナカ ミキコ)
札幌市出身。甲南女子大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。仏教大学、甲南女子大学、桃山学院大学などで非常勤講師を務め、2006年より札幌大学へ。現在、同大学文化学部教授。専門は中古、中世の和歌、物語。とくに平安から鎌倉時代の和歌や物語に見られる漢籍の影響(『白氏文集』が中心)を『和漢朗詠集』を軸に研究している。著書に『和漢朗詠集とその受容』、『和漢・新撰朗詠集の素材研究』ほか。

履歴