『正法眼蔵随聞記』を味読する | 札幌教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

011-222-4121

平日 9:30~20:00 / 土 9:30~18:00 原則日曜祝日休業

【新設】『正法眼蔵随聞記』を味読する

講師名 元東洋英和女学院大学教授 三上 章
講座内容
三上講師
道元の2歳年長の弟子である懐弉(えじょう)が、道元の教えを聞いて筆録した『正法眼蔵随聞記』(しょうぼうげんぞうずいもんき)を、古典的名著の一つとして、宗派や教義にとらわれず、自主独立かつ学問的に講読いたします。講座において、仏教学、聖書学、西洋古典学、西洋哲学の学問的知見と照合いたします。原文と現代語訳の両方を参照し、ゆっくりと味読します。
日時・期間 水曜 10:30-12:00 07/12~09/27 6回
日程 2017年 7/12
受講料(税込み)
7月~9月(6回)
会員 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※受講をご希望の方はまずお電話でご予約ください。

ご案内 ※山崎正一著 『正法眼蔵随聞記 全訳注』 (講談社学術文庫)  各自でご用意ください。
講師紹介 三上 章 (ミカミ アキラ)
オーストラリア神学学位授与機構(ACT)大学院神学修士研究コース修了。東京大学大学院博士課程(西洋古典学専攻)単位取得満期退学。筑波大学博士(文学)。北星学園大学チャプレン、東洋英和女学院大学国際社会学部教授を経て、2017年3月定年退職。専門は西洋古典学、ギリシア哲学、仏教哲学。諸宗教の哲学的考察による地球規模の倫理の探求を、積年の研究課題としている。主な著作に『プラトン『国家』におけるムゥシケー』(リトン、2016年10月)、『ケンブリッジ・プラトニストの哲学的霊性』(リトン、2017年3月)がある。

履歴